その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

Operaのスキン

久しぶりにOperaスキンを変えてみました。


Operaのスキン


このスキン、なかなか気に入りました。

Dragon Bluesスキン


「Dragon Blues」なる名称のスキンですが、
個人的には龍じゃなくて、この配色のまま、
Abstract系のような抽象的なデザインのスキンの方が良いのになぁ、
と思いますが、ボタンとか細かなアクションとか拘っており、
グラデーションの感じとか、とても良い感じです。


下記より、このOperaスキンのダウンロードが出来ます。


http://my.opera.com/xlol/skins/get.pl?id=8740

MDIウィンドウ


スキンとは関係無いのですが、
画像のようにWindowsOperaはMDIウィンドウとして操作も出来ます。
表示領域が広いディスプレイだと、使い勝手が良いかもしれません。
MacはそもそもMDIウィンドウの概念が無いので、
MacOperaでは画像のようなウィンドウの配置は出来ませんが、
WindowsOperaの場合、Shift+F5を押すと、
ウィンドウが綺麗に重なって並びます。

Operaウィジェット


画像に2つほどOperaウィジェットが見えますが、
これらはまた今度詳しくご紹介させて頂きたいと思います(笑)
左下のウィジェット、かなり便利です。


今回はスキンについてご紹介させて頂きました。

Operaの過去記事



新世代Webブラウザがやってきた!Operaファーストガイドブック

新世代Webブラウザがやってきた!Operaファーストガイドブック