その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

「3G S」から「3GS」へ

26日発売予定のiPhone 3G Sですが、
iPhone 3GS」へ名称変更されたそうです。
些細なことですが、気持ちは分かります(笑)
しかし、印刷関係やポータルサイトなどは大変ですね。
たかが半角スペースなのに表記を全部変えないといけないですから。
このはてなダイアリーキーワード自動リンクも誰かが直さないといけないですね。
現時点では「iPhone 3G S」でリンクされてますので。
尚、当ブログは面倒臭いので過去エントリーの名称は変えません(笑)


iPhone 3GS発売まであと2日—



Softbank iPhone3GS 32GB Black

Softbank iPhone3GS 32GB Black

「3G S」から「3GS」へ――アップル、新iPhoneを名称変更


6月24日15時13分配信 Computerworld.jp


 米国Appleらしからぬ行動だった。同社は先週末、6月19日に発表したスマートフォンの最新モデル「iPhone 3G S」の名称(表記)を変更したのである。新名称は「iPhone 3GS」。GとSの間にある半角スペースをひっそりと削除した。


 6月24日現在のAppleの報道資料には、すべてiPhone 3GSと表記されている。しかし、AppleのWebサイトでは、いまだにiPhone 3G Sという表記が使用されている(もっとも、修正されるのも時間の問題だと思うが…)。


 新iPhoneが発表された時、製品名の正しい表記について、報道陣の間ではとまどいが広がった。これまでのロゴの後ろに、小さな四角で囲まれた“S”が置かれていたからだ。


 Appleは、その表記方法を明確にするため、“iPhone 3G S”という表記を用いたプレス・リリースを発表した。だがその4日後、表記を“iPhone 3GS”に変更し、すべての報道資料を新たな表記に修正したのである。


 なぜ名称を変更したのだろうか。考えられる理由としては、Webベースの解析対策、もしくは商標登録の問題が挙げられる。“iPhone 3GS”と表記することで、Googleなどの検索エンジンを利用する際に、iPhoneの新モデルと旧モデルとを明確に区別できるからだ。


 また、商標登録の側面から見ると、3GもSも普通名称であり、“3G S”は商標登録として保護するのが困難だという背景がある。そう考えると、“3GS”のほうが容易に商標登録できる可能性が高い。


 とはいえ、Appleのことである。ほかに知られざる理由があるのかもしれない。米国Washington postは、Apple広報担当者の話として「(名称変更の理由は)3GSをひとまとめにしたほうが見栄えよいと判断したから」と報じている。


(Yahoo!ニュース)