その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

Opera 10.50最速伝説

度々Operaネタですみません(笑)
このカテゴリを用意してもよいくらい書いてますね。


記事によると、各ブラウザのベンチマーク・テストでOpera 10.50が最速だったとのこと。
流石、Opera最強伝説です(笑)
まぁ、個人的には速度はあまり気にしないんですけどね。ぼちぼち速く表示が出来れば。
それにブラウザだけで無くサーバーやクライアントの処理能力も関係してきますし。


じゃあOperaの何が良いか?ってことになりますが、
色々便利なんですが、でもやっぱり操作性ですね。
ショートカット・マニアな方は、Operaの操作性に目が鱗だと思います。
まぁ、FireFoxとか他のブラウザでもショートカットをカスタマイズ出来たりすると思うんですが、
「見出しごとに移動」とか「リンクごとに移動」といった要素ごとに移動は出来ないんじゃないかな。
Operaは極めれば全ての操作をキーボードで行えます。


初めてOperaを使用した時の話しになりますが、
デフォルトで「Z」が戻る「X」が進むになってることに感動しました。
「あ〜、このブラウザ、よく分かってる」って(笑)
左手ってそのキー辺りに置いていることが多いですので、
ZとXで戻ったり進んだりすることが出来るのは便利なんです。
この発想を頂いてDAWの巻き戻しと早送りもZとXに割り当ててます。Operaに感謝!


…でも、そんな使い方ってやっぱ一般的ではないと思うので、利用者も少ないと思います。
ヤフコメの「Opera最強伝説」に「私はそう思わない」をポチっとしてる結構人が多いのも、
そんなところから来てる気がします。
勿論、人それぞれ使い勝手の感じ方は違いますし、
Operaを使ってみて印象が良くない人もいて当然だと思います。
でもこのポチっの中の大半の人は使ったこと無くてポチっとしてる人が大半な気がしてならないです。
実際はどうか分かりませんが(笑)


兎に角、ブラウザに限らず、皆さんショートカットを使いましょう!(笑)
仕事でPCを使ってる方は、こういったことは仕事の速さにも影響しますよん。



新世代Webブラウザがやってきた!Operaファーストガイドブック

新世代Webブラウザがやってきた!Operaファーストガイドブック

【ブラウザ速度テスト】「Opera 10.50」が“最速”の座をつかむ――IE 8の10倍


2月18日12時11分配信 COMPUTERWORLD.jp


 Computerworld米国版がこのほど行ったWebブラウザのベンチマーク・テストで、ノルウェーOpera Softwareの「Opera 10.50 beta」が他のブラウザを退け、“最速ブラウザ”の栄冠をつかんだ。


 新しいJavaScriptエンジンを採用したOpera 10.50 betaは、2月11日にリリースされたばかりだ。


 今回のテストは、Windows XPService Pack 3)上でベンチマーク・スイート「SunSpider JavaScript」を3回ずつ実行させ、その平均スコアを算出して最終的な順位を決めるという形で行われた。


  Opera 10.50 betaは、ベンチマーク・テストにおいて前回テストで1位だったAppleの「SafariWindows版)」よりも15%近く、また前回2位の「Google Chrome」比では約20%も高速だった。Mozillaの「Firefox 3.6」と比べると2倍以上、Opera 10.10(現在のOpera正式版)の8倍以上、そしてMicrosoftの「Internet Explorer 8(IE 8)」比では10倍以上の速さである。


 過去2年間、OperaブラウザはJavaScriptの実行速度テストにおいて、ずっと他のブラウザに後れを取ってきた。AppleSafariオープンソースのブラウザ・エンジン「WebKit」を、またMozillaGoogleもそれぞれに新たなJavaScriptエンジンを開発/採用し、JavaScriptのパフォーマンスを大幅に向上させてきた。これまでJavaScriptの実行速度でOperaを下回っていたのはIE 8だけだ。


 Opera 10.50では、新しいJavaScriptエンジン「Carakan(チャラカン)」と、新しいベクター・グラフィックス・ライブラリ「Vega」を採用している。Operaによると、Vegaは、現行のOpera 10.10が使用しているライブラリのおよそ3倍のスピードでグラフィックをレンダリング可能だという。


(Gregg Keizer/Computerworld米国版)