その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

都知事選

結構ばたばたしてましたが、行ってきました。
誰に投票したか?敢えて申しませんが、当ブログを読まれてる方は大体見当が付くと思います(笑)
パフォーマンスなんでしょうけど、本当にパ◯ンコ撲滅してくれたら嬉しいんですが。。
というより、あの換金システムとその資金の流れですね。
パ◯ンコ自体は単なる玉遊びなので。



なぜ韓国は、パチンコを全廃できたのか(祥伝社新書226)

なぜ韓国は、パチンコを全廃できたのか(祥伝社新書226)

統一地方選 知事選 現職9人が全員再選 前半戦


毎日新聞 4月10日(日)22時58分配信


 第17回統一地方選前半戦は10日、12都道県知事選と4政令市長選、41道府県議選、15政令市議選が一斉に投開票された。知事選では、東京都で自民、公明両党が実質支援する石原慎太郎氏(78)が4選を果たすなど、立候補した現職9人全員が再選を果たし、安定した強さを発揮した。


 焦点の東京都知事選で、石原氏は圧倒的な知名度と現職の安定感を生かして、他の新人候補を寄せ付けなかった。石原氏は10日夜、「まさに国難。しっかり立ち上がろう」と述べ、4期目の決意を語った。


 石原氏の出馬表明は東日本大震災当日の3月11日と、今回も遅かった。12年にわたる石原都政の評価に加え、「3期で引退」とした自らの発言を翻したことで高齢多選も争点になるとみられたが、震災を受けて都民の間に不安感が広がり、現職の安定感が一定の評価につながった。


 前宮崎県知事の東国原英夫氏(53)は出馬表明の出遅れが響いた。都議会民主の支援を受けた居酒屋チェーン、ワタミ創業者の渡辺美樹氏(51)も、震災で選挙戦の自粛ムードが広がったこともあり、浸透できなかった。共産党参院議員の小池晃氏(50)=共産推薦=は石原都政批判の急先ぽうだったが、支持は広がらなかった。


 今回の統一選は大震災の影響で選挙運動の自粛ムードが広がり、知名度のある現職有利の選挙戦となった。12知事選に11人の官僚出身者が立候補し、10日夜までに9人の当選が確実となった。出身省庁別では、総務省(旧自治省)4人、経済産業省3人、財務省1人、国土交通省(旧運輸省)1人となっている。


 「民・自対決型」は、東京都、北海道、三重県の3知事選と、札幌、広島の2政令市長選。北海道では自民党推薦の現職、高橋はるみ氏(57)が幅広い支持を得て3選を果たした。新人6人が立候補した広島市では、自民、公明両党推薦の松井一実氏(58)が激戦を制した。三重県では、自民・みんな両党推薦の新人と民主党推薦の新人らが激しく争っている。新人同士が争った神奈川県では、民主、自民、公明各党の地方組織が相乗りした黒岩祐治氏(56)が初当選した。


 一方、奈良、島根、大分3県では、民主党は候補擁立を断念し「不戦敗」。いずれも自民党などが推薦、支援する現職が共産党の公認、推薦候補らを退けた。

広告を非表示にする