その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

Magic Trackpadを購入

Lionを活かすためにMagic Trackpad、購入しました。
知人の某Yさんが使ってて良さそうだったので。


Magic Trackpad


Lionではジェスチャー機能が強化されており、Magic Trackpadが活躍します。
仕事でも使う場合はマウスも併用しないと不便かもしれませんが、ネット見たりとかする分にはこっちの方がお手軽で直感的です。



個人的に一番便利なのが、Spacesの切り替えですね。
Magic Trackpadが欲しかった理由の一つがコレ。
Spacesは初め使ってなかったのですが、仮想OSを使う場合Spacesが重宝することに気付いて何時ぞやから使ってます。
Windowsをフルスクリーンで使ってますので、Macに戻る時はマウスを切り替えるためにコマンド(Win)+Ctrlを押下して、Ctrl+矢印でMacに戻る必要がありました。
それが4本指スワイプで本を捲るように切り替えが出来ますから、直感的だし楽です。


あと、Lionにした時どうしても逆スクロールが気持ち悪かったのですが、Magic Trackpadを購入して逆スクロールに戻しました。
マウスのスクロールより「払う」といった感覚が強いですので、Magic Trackpadだとそれなりに自然です。
システム環境設定のトラックパッドのところに「ナチュラル」とあるくらいですし(笑)
紙を捲る物理的な動作と同じですね。
見たい方向とは逆の方向に振り払う訳です。
iPhoneなどのスマートフォンもそうなってます。
だから逆スクロールに慣れるとちょうどiPhoneを触ってるように感じますね。
で、これは僕だけかもしれませんが、これに慣れるとマウスもそうしたくなってくる…(笑)
Windows機も逆スクロールにしようか検討中です。
統一しないと混乱しそうです。


個人的に残念な点は、Bluetoothの無線しかラインナップが無い点です。
無線は見た目がスッキリするのは良いのですが、どうも電池交換が面倒で、また電池が切れそうな頃になると感度が落ちてきてイライラすることからマウスの無線を止めてしまいました。
だから、無線機より安くなることからも有線機が欲しかったのですが、まぁ無いものはしょうがないです。
エネループ、買い増しします。



Apple Magic Trackpad MC380J/A

Apple Magic Trackpad MC380J/A