その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

スマホ市場シェア

Androidが優勢になって、WindowsじゃないけどそのままAndroidのシェアが伸びるのかと思ってましたが、またiPhoneが優勢になったようですね。
米国でのシェアではありますけど。
音楽制作はWindowsですが、その他共有方法などMac OSiOSで固めてるのでAppleには頑張って貰いたいです。



スマートフォン チャンス! iPhoneとAndroidが生んだ巨大ビジネス市場の攻略法

スマートフォン チャンス! iPhoneとAndroidが生んだ巨大ビジネス市場の攻略法

  • 作者: 手嶋浩己,須田将啓,武石幸之助,紺野俊介,杉井信一郎,岩野義史,野田順義,山田翔,上路健介
  • 出版社/メーカー: インプレス
  • 発売日: 2011/09/15
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 1人 クリック: 22回
  • この商品を含むブログ (5件) を見る

スマホ市場シェア、米国でiPhoneがアンドロイド逆転


ロイター 1月26日(木)9時20分配信


[25日 ロイター] 米国のスマートフォン(多機能携帯電話)市場で、米アップル<AAPL.O>の「iPhone(アイフォーン)」がアンドロイド携帯をシェアで逆転したことが分かった。音声認識パーソナルアシスタント機能「Siri」を搭載した最新機種iPhone4Sの人気ぶりが裏付けられた。


調査会社カンター・ワールドパネル・コムテックが25日発表した2011年第4・四半期(10─12月)の米スマホ市場統計では、iPhoneがシェア44.9%で、米グーグル<GOOG.O>の基本ソフト(OS)「アンドロイド」を搭載した全機種のシェアが44.8%。前年同期との比較では、iPhoneがシェアをほぼ倍増させた一方、アンドロイド携帯は50%から微減となった。


アップルが24日発表した第1・四半期(10─12月)決算は、iPhoneやタブレット端末「iPad(アイパッド)」の好調が寄与し、売上高、利益とも過去最高を記録。一方、米モトローラ・モビリティ<MMI.N>や台湾HTC<2498.TW>、ソニー・エリクソン<6758.T><ERICb.ST>といったアンドロイド勢メーカーは、10─12月期に軒並み販売台数で苦戦した。


カンターのドミニク・スネボ氏は「クリスマス期間中、米国と英国、オーストラリアでアップルの販売好調は続いた。われわれがカバーする9カ国では現在、アップルの売り上げはアンドロイドより早いペースで成長している」と述べた。