その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

ウエルシアのポイント1.5倍で使えるデー

ようやく20日にウエルシアへ行けました。
20日だという事を忘れていたりなかなか行くタイミングが合わずポイントが貯まってました。
1回では運びきれないので2回行きました。


ところで、調剤のポイント付与の禁止が発表されてからこの話題はブログに書いてませんでしたが、その後禁止撤回の署名運動がありました。
60万以上の署名が集まったようです。
この問題は、本日の裁判じゃないですが、答えのない難しい問題だと思います。
個人的には自分が患者だからという訳ではなく、やっぱり有りではないかと最近は思ってます。
平等な医療を受けるために実質の値引き行為があってはならず、薬事法に触れるという意見もよく分かります。
ですが、TPPなんかもそうですが、最終的に消費者の利益になるかどうかという事も大事だと思います。
アメリカでは医療にも資本主義を導入していることにより、結果的に満足できる治療が受けれないなど一部の消費者(患者)には不利益になっていますので、TPPは個人的には導入すべきではないと思ってます。
しかし調剤のポイント付与程度ではそのような不利益は起きないと思うし、まだ付与が続いてる今現在でもそれにより不利益を受けた患者はいないと思います。
また、現金による値引きではなく、一線は越えてないと思いますし。
以上のような視点から、ポイント付与程度の緩和は有りだと思ってます。


因みに、ネットを斜め読みしただけで参考までですが、ポイント付与の禁止は延長され10月以降になったようです。
一応備忘録としても書いておきました。
また過去の記事にも追記しなきゃいけないか。。


※2012/9/15追記 半年先送りになったようです。



成功するポイントサービス

成功するポイントサービス