その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

iPadの128GBモデルを発表

いきなりのことで、ちょっとびっくりですね。
iPadに限定した話しではないですが、容量を増やして欲しいといった声はちょくちょくあるので、価格は高いですが需要は少なからずあるんでしょうね。
個人的には容量を食う動画や音楽はクラウドNASに置いてたりするので、16GBでも事足ります。
まだ3〜4GBくらい空きがある(笑)
ネットワークに繋がってないと利用できないデメリットもありますが、ストリーミングはお薦めですよ。
端末の容量を気にしなくて良いし、データの移植などの作業も必要ないです。
サーバーにアクセスするための設定さえすればiPhoneでもiPod touchでもiPadでコンテンツを楽しめます。


Apple、「iPad Retinaディスプレイモデル」の128Gバイト版を2月5日から販売


ITmedia Mobile 1月29日(火)23時34分配信


 Appleが1月29日、「iPad Retinaディスプレイモデル」(第4世代iPad)のストレージ容量を128Gバイトに増強したバージョンを発表した。発売は2月5日の予定で、価格はWi-Fiモデルが6万6800円、Wi-Fi+Cellularモデルが7万7800円。デザインやカラーには変更はない。


 iPad Retinaディスプレイモデルは、9.7インチディスプレイを搭載するiPadの第4世代製品で、CPUにA6Xプロセッサー、ディスプレイに2048×1536ドット表示の9.7型IPS液晶を採用する、2012年11月に発売された最新モデル。接続インタフェースはiPhone 5や「iPad mini」と同じLightningコネクタを備え、Wi-Fi+Cellular版はLTEでの高速通信に対応している。


 ストレージ容量は、これまで16Gバイト、32Gバイト、64Gバイトの3モデルを提供していたが、さらに大容量の128Gバイト版を提供することで、写真や書籍、映画、アプリなどをより多く本体内に保存可能にする。