その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

スプリセルへ変更か?

表題通り、いよいよスプリセルへ変更するかもしれません。
激的に悪くなってる訳ではありませんが、これまでの治療の中で初めてあまり良くない内容を言われました。
自分は18コピーまで下がりましたが、18コピーを底に微増といった感じで、今は20数コピーくらいです。
グリベックがちゃんとどの細胞にも効いていれば時間はともあれ18コピー以下になっていくはずだけどそうではないから、効きにくい細胞がいる確率があるとのことでした。
つまりは変異を獲得した細胞が生まれ急性転化を起こす可能性も全くないとはいえないということです。
ただほんとに微増で急激に悪くなる確率もかなり低いので、暫く様子見る時間はあるとのことで、今回はとりあえずグリベックを処方して貰いました。
今1ヶ月分くらい余剰分があるのですが、それを使い切り4ヶ月後に診断・診察することにしました。4ヶ月後に恐らくスプリセルに変更です。
何となく不安なのは、相当低い確率ですが、この4ヶ月の間に悪化して急性転化という事例もあるので、若干不安もありますね。
そんな気持ちもありつつ、でも恵まれた時代に生きているなと実感もしてます。
グリベックが登場してある程度経った時に発病し、結果が思わしくない時に2世代薬で治療を受けることが出来る。
仮にこれでダメだったとしても、現在はポナチニブの治験中で、ポナチニブの認可の方が恐らく悪化より先だと思います。
とても恵まれていると思います。


スプリセルで期待半分で期待しているのは、アトピーが改善される可能性があるようなので、あまり期待せず期待してます(笑)
医学的な根拠は分かっていないようですが、アトピーや糖尿病が改善される報告が出ているようです。
あと少し不安に思ってたスプリセルの副作用の胸水ですが、これが起こる人の特徴として高齢の方、病状が悪化してる方という特徴があるようで、恐らく自分は問題ないだろうとのことでした。


スプリセルになったら、クレジットカードも増額申請しないといけないなぁ…。
スプリセルの薬価は1万円くらいで、3ヶ月の纏めて処方だとおよそ50万円掛かるはずです。
今計算してみたら、


((9214.20 x 2) x 90) x 0.3 = 497,566.8


やはりそんなくらいですね。
ポーラスターカードの方は上限額が90万円なので問題ないですが、少し前に書いた通り今は漢方スタイルクラブカードにメインを変更しました。
漢方スタイルクラブカードは、60万円で申請したのだけど、結局40万円でした。
スプリセル服用になるなら最低60万円の枠は欲しいですね。



平成24年度改定対応 イラスト図解 医療費のしくみ

平成24年度改定対応 イラスト図解 医療費のしくみ