その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

有料ディレクトリ

このところ有料ディレクトリへの圧力が大きくなってますね。
各社対応は様々ですが、多くは致し方なくnofollowを付与したようです。
以前は大手としては3、4社くらいが提供していた感じですが、このところ雨後の筍のように各社サービスが出てきて、広告表現もちょっと行き過ぎてたような感じはしてました。
もっと自制してたらGoogleも目を瞑ってたかもしれないのに、とは思いました。
相互リンクも有料ディレクトリもダメと規制を強化しており、世間的にはコンテンツオブキングだ、ホワイトハットだといった意見が主流ですが、リンクの効果がなくなった訳ではないと思います。
寧ろ、未だに大きな効果があるからこそこういった規制を掛けてくる訳です。
効果がないんだったら、Googleは警告することもなく放置するだろうと思うのが自然です。
なのでリンク対策は今後も必要だと思うし、業種によってはドメイン使い捨てで短期勝負のような場合、尚更です。
ただ勿論昔のようにただ闇雲に付ければ良いといった時代ではありませんので、リンクを受ける受け皿(コンテンツ)がしっかりしてないといけないには変わりないと思います。
リンク対策も、様々な要素を分散させたり限りなく自然な施策が必要になると思います。