その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

12.9インチiPadの噂

12.9インチiPadの噂ということで、「iPad Big」ですね(笑)
要らないといった声もありますが、これはこれで使い道はあると思います。
現行のiPadとは違って、どちらかと言うと多くは業務用で作業をするために使われるイメージがあります。
音楽制作のタッチパネルサブディスプレイとしても、良い感じだと思います。
会議室とかに置いてあっても良いかもしれません。
ただそういったイメージをすると15インチくらいあった方が良い気もしますが…。
記事の噂情報では来年の3月と近い将来登場との事ですが、どうなるんでしょう。

12.9インチのiPadが来年3月に登場? 現在フォックスコンがテスト中らしい…


ギズモード・ジャパン 11月6日(水)12時26分配信


大画面iPad、カバンに入るかなぁ…。


出るぞ出るぞと噂を耳にする大画面iPadですが、このたび中国語サイトのpadnews.cnが、12.9インチの大画面iPadが来年3月に登場するとの情報を伝えています。


この12.9インチの大画面iPadは現在フォックスコンによりテスト中で、画面UIの最適化の真っ最中だとか。12.9インチの大画面で今のiOSをそのまま動かしても、使いにくいってことでしょうか。


12インチクラスの大画面iPadの噂は、韓国やウォール・ストリート・ジャーナルの報道によってその存在が報じられていますが、現時点ではその存在を裏付ける証拠のようなものは見つかっていません。もしかすると、計画がプロトタイプ段階のままで終わってしまい、市場には投入されなかった…なんて可能性も十分にあります。


しかし、噂にある通りに大画面iPadが投入されることになれば、教育市場において大きなシェアを有するアップルにとっては戦略的な商品に成長するかもしれません。アップルのサプライズに期待しましょう。


参考記事:http://www.padnews.cn/?p=4510 [padnews.cn]