その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

Y!mobile

Yahoo!が新キャリアをスタートということです。
ソフトバンク資本なので、実質ソフトバンクみたいなものですね。
いままでの「できない」を「できる」に。とのキャッチコピーですが、今までになかった訳ではないけど個人的にはWiMAXのようなサービスが増えることを望んでます。
つまり、現行のWiMAX程度の速度が出て家の回線の代わりにもなる定額サービスです。これは現状WiMAXしかありません。
そのWiMAXも、WiMAX 2+が登場して将来的にはLTEのように制限が掛かるかもしれない可能性が出てきて、雲行きが怪しくなってきました。
自分としては、帯域制限をして速度を落とせる訳ですから、初めは高速なのにリミットを超えると256kbpsとか極端に落とすのではなく、初めからWiMAX程度の速度に制限を掛けておいて定額サービスにして欲しいです。
多くのWiMAXユーザーが同じようなことを思っているのではないだろうか。

ヤフーは27日、イー・アクセスを買収し、NTTドコモKDDIソフトバンクモバイルに並ぶ通信キャリア事業


Y!mobile」をスタートすると発表した。新事業は新設するワイモバイル株式会社(予定)で展開する。


イー・アクセスは6月1日に、ウィルコムと合併を行う予定で、ヤフーはこの合併を効力発生の条件として、存続会社のイー・アクセスを買収する。ヤフーはイー・アクセスの株式99.68%(議決権比率33.29%)をソフトバンクから3,240億円で6月2日に取得し、同日よりキャリア事業「Y!mobile」を新会社のワイモバイルで展開する予定。ワイモバイルの代表取締役会長にエリック・ガン氏(イー・アクセス社長)、代表取締役社長に宮坂学氏(ヤフー社長)が就任する。


今回の買収およびキャリア事業への参入について、ヤフーはスマートフォンタブレットによるインターネットサービスの拡大を目的としている。既存のキャリアとの違いは、音声通信ではなく、あくまで"インターネット"をベースとしているところで、日本発のインターネットキャリアとして事業を展開する。コンセプトもこの考えにならったもので「ネットの生み出す楽しさ・便利さをみんなの手元に届ける」を方針とする。


また、イー・アクセスウィルコム提供のPHSサービス、MVNO向けサービス、ADSLホールセールは今後も継続して提供していく。


なお、発表会の詳細はこちらをご覧いただきたい。