その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

スプリセルの薬価改定

オロパタジンが1,000円以内で買えたので、少し前にニュースになってたジェネリックの値下げが実際行われ、薬価改定があったのかなと思い調べたら、やはり薬価改定がありました。
スプリセルはどうなってるかと思い調べてみたら、こちらは何と値上がりしてました。
今まで50mg錠が9,214.20円でしたが、9,477.50円になりました。
消費税増税相当分が値上げされてるらしいですが、保険適用の薬で非課税なので、薬価そのものを変更ということでしょうか。
まぁ薬価が上がっても、患者としては特に大きな問題はありません。
それこそオロパタジンとかみたいな一般的な薬くらい安くならないと、高額医療費の負担限度額がある限り、少し上がっても下がっても変わらないですね。
上がった場合一時的な負担は増えますが、今は通院でも限度額認定を受けれるので、払えない場合は認定証という事も出来ます。