その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

Windows 10 Anniversary Updateに苦戦

先月末に、来月のアップデートでライセンスとアカウントの紐付け出来るようになると書きましたが、月初にAnniversary Updateという名前で大型アップデートがありました。
時間が出来たので、予めWindows 10にしておいたやつを紐付けようとAnniversary Updateを適用しようと思ったのですが、これに苦戦しました。。


まず、上記紐付けのみ目的のものをアップデートしてみたのですが、多分再起動を繰り返す工程だと思うけど真っ黒の画面のまま進まず…。
致し方なくメニューバーから再起動を掛けると、ブルースクリーンに…。。
しかし何とかOSは起動しました。ですがアップデートは失敗でやり直しに。
その後は同じ作業をしましたが、無事アップデートできました。
アップデートは出来たものの、紐付けにもやや苦労しました。
アップデートによりライセンス認証の項目でアカウントを追加する場所が出来ているのですが、ここでアカウントを追加しても、「問題が発生しました。」的な表示が出ます。
このように表示されるものの、結果的には実は紐付けはちゃんと完了しているようです。
一旦ライセンス認証の項目以外をクリックし、再度ライセンス認証をクリックすると、表示が変わってリンクされてる旨が表示されます。
詳しい原因は分からないけど、自分が2段階認証にしていることが何となく原因になっている気がする…。


音楽制作用のPCは安定性を重視したいので、まだアップデートはいいやと思ったのですが、雑事用のものは序にアップデートしておこうかなと思いました。
ですが、これが前述以上の災難に…。。
前述と同じく途中でアップデートが止まってしまったので、同じく致し方なく再起動を掛けたのですが、今度は一切正常起動が出来なくなり、ブルースクリーンのループに。
この時に色々調べたのですが、この雑事用のものに関してはMacTypeが原因かもしれません。
MacTypeがインストールされていると、Anniversary Updateは失敗してしまうようです。
そこでセーフモードで起動し、MacTypeをアンインストールすれば良いのですが、自分の場合はセーフモードにも入れず。
結局、このOSであれこれするのは諦めました。
基本的には雑事用ファイルはMacの方に入っていて、それらをネットワーク経由で操作するような感じなので殆どデータ的には問題ないのですが、一部のデータはWindowsにも入っており救出出来るならしたいなと思いました。
仮想ディスクをマウントするツールで救出を試みたのですが、どうもうまく行かず、詳しい原因は分かりませんがMacでもWindowsでもマウント出来ませんでした。
バックアップはこのところ取ってなく、去年Windows 8.1から10にアップグレードした際のものを元に復旧することしました。


一部データが無くなったり、復旧の手間が発生してしまいましたが、自作PCの方ではなくて良かったです。
自作PCの方をAnniversary Updateする時はMacTypeのアンインストールとバックアップを忘れないようにしよう。