その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

ビジネスモバイル解約

以前使ってたみずほ銀行の口座で、各種サービスの料金改定の郵便が届きました。
各種サービス結構値上げされてますが、ビジネスモバイルに関してはなんと0円から2,160円に!
リアルタイム検索をしてみると、一般口座ではないからかあまりコメントがありませんね。
現在は別の銀行を使ってますし、みずほ銀行の口座を置いておく意味がほとんどないため解約に行きました。


口座を解約しようと手続きを進めていましたが、途中でビジネスモバイルが契約中なのでそちらを解約しないと口座を解約出来ないと言われました。
自分は口座を解約すればそちらも自動的に消滅するものだと思ってたので口座解約を申し込んだのでした。
なので、口座自体は解約でも残してもどちらでも良いけど、使ってないのに課金されることが問題なことを伝えて、結局ビジネスモバイルのみ解約し口座を残す形になりました。
今現在使う意思がないため、銀行としては口座維持のコストが掛かるだけなので口座も解約する方向に誘導されると思ってたのに、残す方に誘導されるのは少し意外でした。
口座維持のコストよりも今後使ってくれるかもしれないという可能性の方がメリットが大きいということなんでしょうけど。


みずほ銀行は不祥事ばかりで良い印象がありませんね。
その原因がシステムにあり、そのシステムを生む要因になったのが合併前の各銀行の派閥争いによるもののようです。
長年そのシステムを一新するべく開発を進めていますが、ちょうど今月恒例の延期になったばかりです。
システムがぐちゃぐちゃだから前述の口座解約もわざわざビジネスモバイルを解約してからでないと口座が解約出来ないという謎仕様なんでしょうね。
普通は何らかのサービスを利用していて、本サービスを解約すればオプションにあたるサービスも全て解約することになりますよね。


因みにみずほ銀行システム開発の問題点まとめはこちら。


http://elwoodblues.hatenablog.com/entry/20160706/1467806420


各種サービスの値上げについてはこちら。


https://www.mizuhobank.co.jp/corporate/oshirase/info161017.html