その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

KeyRemap4Macbook

Mac用のキーバインドソフトで、以前から知ってはいたのですが使ってませんでした。
あるキーを変えたくて使ってみましたが、やはり便利ですね(笑)
WindowsだとAutoHotKeyよりも窓使いの憂鬱に近い感じかな。
キーボードの使い勝手が劇的に良くなるので、特に仕事で使う場合はマストなソフトですね。

サンプル

バッククォートをかな/英数のトグルに


今はMacでUSキーボードを使ってるので、かなと英数の切り替えはコマンド+スペースで切り替えてます。
でもこれだと2キー分押さないといけないし、USキーボードにはWindows用キーボードにある半角/全角キーがあるので、これでかな/英数切り替えが出来たらなと思ってたのでKeyRemap4Macbookでキーを変えてみました。
設定の「Misc & Uninstall」にある「Open private.xml」で開かれるフォルダにあるprivate.xmlキーバインド自由に設定出来ます。

<?xml version="1.0"?>
<root>
<item>
<name>BACKQUOTE to JIS_EISUU/JIS_KANA (toggle)</name>
<identifier>remap.vk_bkqt_toggle_eisuu_kana</identifier>
<not>VIRTUALMACHINE</not>
<autogen>--KeyToKey-- KeyCode::BACKQUOTE, ModifierFlag::NONE, KeyCode::VK_JIS_TOGGLE_EISUU_KANA</autogen>
</item>
</root>


identifierはよく分かってないので見よう見まねで適当です(笑)
notはキーバインドを適用したくないアプリケーションを指定します。
仮想OSのWindowsで半角/全角キーがMacのかな/英数に変わってしまったら困りますので、notで否定してます。
因みにこのバッククォートをかな/英数のトグルに変える設定はデフォルトでも用意されてますが、上記の設定だと他の修飾キーを押した時は本来のキーとして動作します。
何故そうしたかというと、Shiftを押した時に「〜」が出てこなくて困るからです。

WindowsでコマンドとOptionを入れ替え


AppleのUSキーボードはControlがWindowsと同様左下に配置されてますが、コマンド(Winキー)とOption(Alt)は逆になってます。
ですのでこれを仮想OSのWindowsを操作している時に限りキーを入れ替える設定です。

<?xml version="1.0"?>
<root>
<item>
<name>VMware Swap Win Alt</name>
<identifier>remap.vmware_swap_cmd_alt</identifier>
<only>VIRTUALMACHINE</only>
<autogen>--KeyToKey-- KeyCode::OPTION_L, KeyCode::COMMAND_L</autogen>
<autogen>--KeyToKey-- KeyCode::COMMAND_L, KeyCode::OPTION_L</autogen>
</item>
</root>


onlyで特定のアプリケーションの時に動作するよう限定出来るようです。
キーボードの右側のコマンドとOptionはそこまで使ってないので、今回は左側のみ入れ替えました。


この設定をWindows上のAutoHotKeyではなくMacKeyRemap4Macbookで行うメリットがあります。
WindowsはあくまでMacの上で動作しているので、Windowsの動作が重い時にAutoHotKeyの処理が掛からずイライラすることがありました。
しかしAutoHotKeyではなくMac側で設定してあげることにより、なんというか優先度というか、Mac側で設定した方が大元で設定を変えている訳ですので、Windowsが重くてもちゃんと動作します。
また、KeyRemap4Macbookはprivate.xmlで設定した内容がGUIチェックボックスによりオン/オフが出来ますので、Windows用キーボードを接続している時は設定をオフにしたりということが気軽に出来て便利です。
今はWindowsであれこれ作業することが多く、暫定的にWindows用キーボードを接続して使ってるので、設定をオフにしてます。

キーリピートの設定


KeyRemap4Macbookをインストールしてテキスト編集した時に気付いたのですが、インストール前よりもキーリピートが遅くなってることが気になりました。
元の速度に戻せないか設定を見てみたら出来るようで、「Key Repeat」タブの画面で調整出来ました。
細かく調整出来るので、インストール前の速度よりも速くすることも出来るっぽそう。
とりあえず自分はインストール前と同じくらいの速度になるよう調整しました。
やはりKeyRemap4Macbookはかなり細かいとこまでカスタマイズ出来て、便利ですね。