その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

LINE Payカード改悪

LINE Payカードの2%還元率が5月末に終了ということで、話題になってます。奇しくもLINE Payカードを申し込んで先日届いたばかりです…。LINE Payカードで医療費が払えるなら良いなと思ってたのですが、使えたとしてもこれじゃ申し込んだ意味がなくなってしまうな。

LINE Payカード

3月中に色々あれこれ手続きしている序にLINE Payも試してみようと手続きしたのですが、ここに来て改悪かぁ。。嘗ての漢方スタイルクラブカードのように継続的だったので、まだ続くかなと思ってたのですが、残念ですね。

コード支払いをメインに「LINE Pay」のサービスのご利用全体を対象にしたものとなる予定、とのことですが、その条件次第では今後も魅力的かもしれません。だけど、
「LINE Pay」の各種サービスのご利用度合いによって最大2%、とアナウンスしているように、最大2%であってそれを達成するのは難しく、結局P-one Wizでいいじゃんってなりそう。。ただP-one Wizもいつまで1.5%が続くか分かりませんけどね。

2,000円チャージで1,000ポイントのキャンペーンで既にチャージしてしまったので、これらを6月までに消化しつつどんなプログラムになるか様子見しよう。

VBAのIsObjectとVBSのIsObject【備忘録】

VBAのソースをVBSに移植していて躓いたことがあったので、備忘録として残しておこうと思います。

VBAではNot elm Is Nothing

IE操作にてあるページでもしあるボタンがあったらクリック、といったスクリプトを書いていました。ボタンがないのにクリックをしてしまうと、オブジェクトがない、とエラーが出てしまいますので、IF文でオブジェクト(DOM要素)があるかチェックして、あったらクリックをします。しかしVBAでIsObjectでチェックすると、要素がないのにも関わらずTrueが返ってしまい、クリックする箇所で当然エラーが出ます。ですので、VBAではIF文をNot elm Is Nothingとしました。これで問題なく動作してました。

VBSではIsObject(elm)

VBSに移植すると、Not elm Is Nothingだと、オブジェクトがない、とエラーが出ます。ですのでIsObjectにしてみると、VBAでは要素がなくてもTrueが返っていたのにVBSではFalseが返り、IsObjectで問題なく動作しました。

原因について

これは、無いはずのDOM要素がSet elm = Nothingとして扱われているのかどうかで変わっているのかな、と思いました。VBAでは、DOM要素そのものがなくてもNothingで初期化された状態なので、IsObjectでTrueが返る。でもDOM要素そのものはないのでクリックするとエラーが出る。そしてNothingなので、Not elm Is NothingだとIF文には入らない。

VBSではNothingで初期化されていないので、Not elm Is Nothingでエラーが出る。同じくNothingで初期化されていないので、IsObjectでFalseが返る、といった感じなのかな。

VBSでは変数のデータ型を省いたり、そういった仕様の違いがあるのは知ってましたが、上記のような違いがあるのは初めて知りました。


Excel VBAでIEを思いのままに操作できるプログラミング術 Excel 2013/2010/2007/2003対応

Excel VBAでIEを思いのままに操作できるプログラミング術 Excel 2013/2010/2007/2003対応

骨折して1ヶ月3週

大分改善されて、日常生活はほぼ問題なくなりました。ただ完治はしておらず、ふと何らかの動作で痛みを感じることがあります。手首の痣は消えたけど未だに手のひらの痣は残ってます。でも大分消えかかってて、あと1〜2週したら消えそう。

あと寝返りを打つ時くらいになりましたが、未だに胸と腹の中間あたりが痛みます。痛みとして感じる回数としては手よりもこっちの方が多いと思います。寝返りをしたら確実に痛むので。

今日レントゲンを見ましたが、まだ亀裂がはっきり見えて素人目にはあまり改善していないように見えます。しかし実感としては以前出来なかった様々な動作が出来るようになって確実に改善はしているので、組織は出来てきているのでしょうね。また1ヶ月後くらいの通院で最後になるようです。

1ヶ月くらいで治るものだと思ってたけど、思ったより長引いています。

うざい「他の人はこちらも検索」を消す・オフ・非表示!

何時ぞやにGoogleに搭載された「他の人はこちらも検索」機能、ネットやPCに詳しくないライトな層には便利なのかもしれませんが、個人的にはとても邪魔です。本当に最適なキーワードを提示してくれるなら良いですが、微妙に感じることが殆どで、お節介に感じます。通常の検索ですら絶対必要なキーワードなのに取り消し線で勝手に打ち消されたり、益々使いにくくなっています。

ある程度検索スキルがある方はこのように思うことが多いと思います。「他の人はこちらも検索」と検索すると、ネガティブなサジェストが沢山表示されます。そんなサジェストのキーワードを本記事タイトルに沢山詰め込みました(笑)

他の人はこちらも検索

これを広告ブロックにてCSSで非表示にしてますが、内部でリニューアルしてたまに値が変わってしまうのです。最近も変わってしまい、これまでに3回以上は書き換えたかな。なので、今後値が変わったらこのページを随時更新しようと思いました。

スマホタブレット

スマホタブレット版は、非表示出来るもののディスクリプション部分がごっそり消えてしまい、これはこれで気になります。しかし何も表示されないので、お節介感は感じず表示されるよりは良いかなと思って以下で非表示してます。

1BlockerのHide Page Elementで非表示にしています。

div._hDx

2018/3/16 追記

早速変わってしまいましたね…(笑) モバイル版のソースが変わったようです。

実はこの記事を公開してからあるブログにリライト的にパクられてしまいました。が、しかし既に上のセレクタ指定では消せません。でもまたパクられるかも(笑)

新しいセレクタ指定は以下になります。

div.STJXQd

2018/3/24 追記

またまた変わってしまいました…。解析してみると、見たことあるソースだなと思ったのですが、PC版と同じような命名規則でした。ですが、PC版ではdiv.sの次のdivですが、モバイル版では次の次のdivであったため、属性セレクタで直接指定することにしました。

div.rc>div[jsl^="$t"]

2018/3/27 追記

また変わりやがった…!と思ったのですが、ソースを見てみると前回のソース、つまり「div.STJXQd」でした。クエリによって変わるのでしょうか。「div.rc>div[jsl^="$t"]」と両方設定しておいた方が良さそうですね。


PC版

もともとスマホタブレットしかなかったのですが、最近遂にPCにも導入されてしまいました。ただPC版はスマホタブレット版と違って設定した時見た目上の変化がなく、本当にオフになっているかのような感じなので、良いと思います。

要素は2つあります。「他の人はこちらも検索」の本体と、枠が出来てしまうので、その枠を消すためのものです。

uBlockで非表示にしています。

www.google.co.jp##div.rc>div.s+div
www.google.co.jp##div.exp-outline

2018/3/24 追記

上記で問題なく消せますが、モバイル版がPC版と似たようなソースになったので、こちらも同じセレクタ指定で消すことにしました。但しこちらは外側の枠線が出来てしまいますので、そこは変更なしです。

www.google.co.jp##div.rc>div[jsl^="$t"]
www.google.co.jp##div.exp-outline

骨折、1ヶ月経過の容態

骨折して1ヶ月ちょっと経ちましたが、負傷部位的に治りが遅いようで、完治に至ってません。亀裂部分に仮骨が出来てきている感じでしょうか。

シーネは取っても良いということで、不便なので基本的に外すことにしました。骨折前と同様の動きは出来ませんが、キーボード入力程度なら大丈夫とのことでした。ただ実際に暫くやってみるとフォームによっては痛かったり、疲労感があったりしたので、小型タブレットでの入力みたいな感じで中指を中心に使って、小指は使わないことにしました。これでも片手だけよりは幾分マシです。

シーネを外して気付いたのですが、手のひらと手首あたりに未だに内出血がありました。1ヶ月経ってようやく足の内出血がなくなったと思ってたのですが…。あと手を使っててもなかなか浮腫が取れませんね。パンパンで違和感があります。

胸と足は押さえても殆ど痛くなくなりましたが、動かすと痛いですね。

追記

記事書いて数日経ちましたが、浮腫は大分取れました。