その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

3月分高額医療費請求の一部がまだ来ない…

10月分の病院の方の申請書が届いたので、持っていくと同時に未だ来ない3月分の病院支払い分の一部について、聞いてきました。
すると転居日より前なので前の市役所に請求が行くとのこと。
言われてみれば、それはそうだなと納得しました。


転居時の高額医療費請求先


この時は、前の市役所の保険証を使ったのに、まだ来ないのは何故なのかと前の市役所に行った訳ですが、使った保険証の種類ではなく転居日を元に請求先が決まることを知りました。
その時はなるほどと納得し、現住の市役所から申請書が届くと認識しました。
実際、遅れながらも薬局支払い分は9月末、病院支払い分は11月末に現住の市役所から入金がありました。
しかし一部の支払い分は転居日より前なので前の市役所から来るはずですが、現住の市役所から来るとてっきり勘違いしてました。
何にせよ、まだ来ないなぁとずっと待ってたので、申請書はどちらの市役所からも届いていないのです。
11月に病院支払い分の申請書が現住の市役所から届いている訳ですので、恐らくその頃には病院から前の市役所へデータが届いていると思うんですね。
ということで、明日前の市役所に行って事情を聞きたいと思います。


追記


前の市役所に行ってきました。
事情を簡潔にまとめると、「同月内の医療費であっても、管理団体が違うために合算出来ない」ということでした。
うーん、これはすごく盲点だったな…。。多数該当のリセットのようなものですね。「またお前か!」と思いました(笑)
職員の方は、以前より国会で一元管理出来るような仕組みが議論されてますが、いつになるかは分かりませんねーと話してました。
今回の件にしろ、多数該当のリセットにしろ、制度の意義にそぐわない事柄ですので、やはり一元管理出来るようにすべきだと思います。
今回の件からもやはりマイナンバー制度は必要だと思いました。
思わぬ出費が増えてしまったけど、授業料とするしかありませんね。