その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

Mac mini Bootcampのセットアップ

Mac miniを新調して1ヶ月ちょっと経ちますが、ようやくBootcampのセットアップです。
来週には実家に帰省するので、いい加減やらないと…。。
昔は割とよくOSを入れ替えたりしてましたが、最近はこの作業が億劫で仕方ないです。
だから上書きインストールとか、新規でも設定ファイルや一部のレジストリは丸コピーだったりが多いですね。


とりあえず今現在音楽制作以外の部分とCubase 32bit環境までは構築が出来ました。64bit環境を構築したら完成。
若干心配してた音切れ問題も起きないようで良かったです。
以前のCore 2 DuoMacだと音切れしたりしてASIOがうまく動作しない不具合なのか、仕様なのかがあったんですよね。
ネットで調べてみて、最近はそういった事は起きてないようで、BootcampのWindowsで音楽制作環境を構築して仕事で使ってる方もいるようなので大丈夫だろうとは思ってました。
あと、仮想環境のWindows 7では何故か認識が出来なかったKURO-DACHI/CLONE/U3ですが、Bootcampでは自作PC同様ちゃんと認識しました。


自作PCではRamPhantomEXを使ってRAMディスクを構築してますが、RamPhantomEXはドライブレターを指定出来てもドライブ名が設定出来ないので、スタートアップにVBSファイルを入れてリネームしてます。
それがMac miniでは何故かよく分からないエラーが出ることがあって、致し方ないのでスクリプトを修正しました。
色々デバッグしてみたけど、どうも何故かオブジェクトが生成されてるのに「.VolumeName」の部分でエラーが出る模様。
何度か繰り返せばリネームできるようなので、そのよく分からないエラーが出る時だけリネーム出来るまでループすることにしました。

On Error Resume Next
Set objShell = WScript.CreateObject("WScript.Shell")
Set objFSO = WScript.CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
Do Until objFSO.DriveExists("R")
	WScript.Sleep 50
Loop
Set objDrive = objFSO.GetDrive("R")
Do
	objDrive.VolumeName = "RamDrive"
	If Err.Number = 0 Then
		Exit Do
	ElseIf Err.Number = -2147024895 Then
		Err.Clear
	Else
		MsgBox Err.Description, vbCritical
		WScript.Quit
	End If
	WScript.Sleep 50
Loop
If Not objFSO.FolderExists("R:\TEMP") Then
	objFSO.CreateFolder "R:\TEMP"
End If
objShell.Run """C:\Program Files (x86)\Autumn Soft\Paster\Paster.exe"""



APPLE Mac mini/ 2.3GH Quad Core i7/4G/1TB/USB3/Thunderbolt MD388J/A

APPLE Mac mini/ 2.3GH Quad Core i7/4G/1TB/USB3/Thunderbolt MD388J/A