その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

騒音

川崎市幸区のアパートで3人が刺殺された事件ですが、
動機は「隣室の掃除する音や、ドアを開け閉めする音がうるさく、我慢できなくなった」だそうです。


おー恐!って思いますよね。
僕は基本的にヘッドフォンでの作業が多いですが、
それでも奥行き感や定位など確認するためにスピーカーから音出したりしますし、
一応こちらとしても気を配って音を出しますが、
それでも迷惑が掛かっているようだったら殺される前に苦情が欲しいですね。


で、記事見て思いましたけど、この容疑者も無職、、、。
まぁこの人は一応定年近いですけども。
ろくでもない事件はいつも「無職」と目にする気がします。
あと、所謂在日と呼ばれる人だったり、大阪人も多い気が…。
なんとかならないものか。



わかりやすいマンションの防音設計

わかりやすいマンションの防音設計

川崎の3人刺殺容疑者「隣室の音、我慢できなくなった」


5月30日22時17分配信 読売新聞


 川崎市幸区のアパート「幸栄荘」で大家ら3人が刺殺された事件で、殺人未遂容疑で現行犯逮捕された無職津田寿美年(すみとし)容疑者(57)が、「隣室の掃除する音や、ドアを開け閉めする音がうるさく、我慢できなくなった」と供述していることが神奈川県警幸署の調べでわかった。


 近所の人には「朝、洗濯機を動かしている」とも話していた。


 同署は津田容疑者が、大家の弟でアパートの隣の部屋に住んでいた無職柴田嘉晃(よしあき)さん(71)らに対し不満を一方的に募らせたとみて調べている。


 同署幹部によると、津田容疑者は30日午前6時45分頃、アパート内の別々の部屋にいた嘉晃さんと、嘉晃さんの妻でパート従業員敏子さん(68)を、自室から持ち出した包丁(刃渡り約20センチ)で次々と刺した。その後、大家の昭仁さん(73)をアパート前の路上で刺したという。同署は、昭仁さんが事件に気づいて隣の住宅から駆け付け、仲裁に入ろうとして巻き込まれた可能性が高いとみている。


 当時、津田容疑者の向かいの部屋には女性の住人もいたが、無事だった。


 津田容疑者は当時、酒に酔っており、「俺が刺したが、殺すつもりはなかった」と供述しているという。


 同署幹部によると、同アパートは風呂なし、トイレ共同で、家賃は月約3万円。津田容疑者は生活保護を受けており、家賃は毎月、昭仁さんに手渡し、滞納はなかったという。


 近所の人の話では、津田容疑者は酒に酔って路上で包丁を振り回したり、通行人と口論になったりしていたという。嘉晃さん夫婦への不満をしばしば口にし、最近、「引っ越しをしようと、公営住宅に申し込みをした」と話していたという。


(Yahoo!ニュース)