その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

Retina搭載MacBook Pro?

前々から噂はされてましたけど、本当にRetina搭載なんでしょうか?
まぁ、噂は噂なんですが…。
本当にRetina搭載で発表されたら、年初にZenbookを買ったこと、後悔しそうw
iOS製品でお馴染みのRetinaディスプレイがパソコンの世界にもやってくるなんて、心踊ります。
ディスプレイの距離的に、iOS製品より遠くから見ると思うのでそれらよりはRetina化の恩恵は小さいと思いますが、やっぱり違うと思うんですね。
今、Cinema Displayを見てこのブログを書いてますが、iPadのようにクッキリしてませんし、ボヤけてるのが分かります。
OS XRetinaかぁ〜。すごい興味アリです。
更に、噂ではあるものの薄型化とか、MacBook Pro最強伝説になりそう…。。



Apple MacBook Pro withRetinaDisplay15.4/2.3GHzQuadCorei7/8GB/256GB MC975J/A

Apple MacBook Pro withRetinaDisplay15.4/2.3GHzQuadCorei7/8GB/256GB MC975J/A

Appleが薄型Retina搭載MacBook ProWWDCで発表か


マイナビニュース 5月15日(火)23時10分配信


Appleがサンフランシスコで6月11日(現地時間)より開催する「WWDC 2012」において、新型MacBook Proを発表するのではないかという噂が加速している。新モデルではIntel最新の「Ivy Bridge」プロセッサを採用し、Retinaディスプレイ搭載やUSB 3.0への対応、さらなる薄型化など、デザインを一新したものになる可能性があるという。


発端となったのは9 to 5 Macが5月14日(現地時間)に報じたリーク情報で、これを裏付ける追加報道を米Bloombergが同日に行っている。


Bloombergが関係者の話として報じているところによれば、この新型MacBook Proは6月11日よりスタートするWWDCの場で発表され、iPadiPhoneで採用されている高解像度スクリーンのほか、起動時間を短縮し、バッテリ消費を抑制するフラッシュメモリが採用されることになるという。またIvy Bridge開発コード名で知られるより高パフォーマンスなIntelの最新プロセッサを搭載し、現行のMacBook Proの0.95インチをさらに上回る薄さを実現することになるようだ。高解像度スクリーンとは「Retinaディスプレイ」のこととみられ、長らく噂されていたMacBookシリーズでのRetina採用がようやく実現することになるかもしれない。また噂が本当だとすれば、MacBook Proでも標準ストレージがフラッシュメモリへと置き換えられることになる。


この詳細については9 to 5 Macを参照するとよくわかる。9 to 5 Macでは新型MacBook Proのモック写真を掲載しており、現行モデルとの違いを比較している。正確な厚みは不明なものの、外観で3分の2ほどの薄さになっており、さらに光学ドライブが廃止されていることが確認できる。それにともない、従来までイジェクトボタンだったものが電源ボタンへと変化しており、本体側面のコネクタレイアウトも変更になっている。本体が薄くなることで従来のHDD搭載スペースはさらに圧迫されることになるとみられるため、おそらくは内蔵ストレージとしてのHDDモデルは廃止される。これにより本体内部のデザインレイアウトがより柔軟なものとなり、機構的にはMacBook Airのそれにより近くなることだろう。


9 to 5 Macがこのほかポイントとして挙げているのは、USB 3.0の採用とディスクリートGPUの搭載だ。USB 3.0については改めて説明する必要はないと思うが、実現すればApple製品では初の搭載となり、対応周辺機器が増え続けるなかでユーザーには朗報となるだろう。


そして最新OSのベータ版コードの中に「NVIDIA GeForce GT 650M」の表記があることも紹介しており、このKeplerベースの最新ディスクリートGPUMacBook Proの上位モデル、特に15インチ以上クラスの製品に搭載される可能性を指摘している。AppleではSandy Bridgeプロセッサ以降、MacBook Airなどの薄型モデルや下位モデルではプロセッサ内蔵GPUを採用する傾向があったが、Ivy Bridgeでもこのアイデアはそのままに、上位モデルではディスクリートGPUを採用することになるのかもしれない。


またこうした上位モデルでは、Ivy Bridgeの4コア版などより高パフォーマンスなプロセッサが選択される可能性が考えられる。GeekBenchのデータに出現した「MacBookPro9,1」と呼ばれる最新モデルでは、クアッドコアプロセッサに加え、8GBのDRAMと最新OS (Mac OS X 10.8、「Mountain Lion」とみられる)を搭載していることが確認できているという。


いずれにせよ、今回モデルチェンジが行われるとすれば、比較的大きな変化になる可能性が高いと考えられる。WWDCの発表を楽しみにしたい。


(Junya Suzuki)


[マイナビニュース]