その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

Mavericks 10.9.1公開

本日Mavericksのマイナーアップデートがありました。
期待していたSafariのスワイプでフリーズする不具合ですが…残念ながら直ってないようでした。
直ってないのでYouTubeにアップロードしてみました。



3秒あたりでマジックトラックパッドに指を落としスワイプしますが、画面が少し捲れたところでフリーズしてそれ以後右にも左にもスワイプ出来無いしスクロールが出来ないことが確認出来ます。
少し捲れたところでフリーズという症状が分かりやすいように、黒背景から白背景のページに戻るように操作しました。


この不具合、ほんとイライラしますね。
SMBのバグがLionから2世代経てMavericksでようやく直ったように、暫く放置されたりして…。。
とりあえず今は以前書いた暫定対処法で妥協するしかありません。


http://d.hatena.ne.jp/Shinez/20131121/p1

Apple、「OS X 10.9.1」と「Safari 7.0.1」をリリース


マイナビニュース - 2013年12月17日 09:22


Appleは12月16日(現地時間)、OS X Mavericksをv10.9.1にアップデートする「OS Xアップデート10.9.1」をリリースした。Gmailサポートの向上など、メール関連を中心にした数多くの安定性や互換性を改善する修正、そしてSafari 7.0.1を含む。


OS X Mavericksは今年10月のリリース直後に、メールにGmailアカウントを設定した際にメッセージの削除や移動ができない不具合が報告され、Appleは11月にそうした問題を解決するアップデートをリリースした。v10.9.1でGmailサポートがさらに改善し、カスタム設定の問題が修正される。またスマートメールボックスおよびメール内での検索の安定性が向上、メールでコンタクトグループが正常に機能しない問題も解決する。ほかにも、日本語キーボードで言語が保持されない問題、VoiceOverで絵文字を含む文章が読み上げられない問題、英語以外のシステムでiLifeおよびiWorkアプリが正常にアップデートされない問題などが修正される。


Safari 7.0.1にアップデートすると、サイドバーで共有リンクを開いている時に共有リンクが定期的にアップデートされるようになる。VoiceOverのFacebook.comとの互換性が向上。Fedex.comやStubhub.comでフォームの自動入力を使った時にSafariが反応しなくなる問題が解決し、その他のWebサイトについてもクレジットカードの自動入力機能の互換性が改善する。


(Yoichi Yamashita)