その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

「Opera 12」正式版が公開

Operaのバージョンが12になったようですね。
今はメインでは使ってないのですが、一応入れてみました。
やっぱり、2本指スワイプには対応してるものの、Safariの本を捲るようなページの戻る/進むが出来ませんね。
特許になってて真似出来ないとかかな。
また、SafariではiOSのようにスワイプで行き過ぎたらポヨンと跳ね返るような動作をしますが、Opera 12ではこれもまだ対応してないようです。



新世代Webブラウザがやってきた!Operaファーストガイドブック

新世代Webブラウザがやってきた!Operaファーストガイドブック

速度向上や最新Web技術への対応など多くの改良が施された「Opera 12」正式版


Impress Watch 6月14日(木)19時0分配信


 ノルウェーOpera Software ASAは14日(現地時間)、同社製WebブラウザーOpera」の最新正式版となるv12.00を公開した。最新版では、起動速度やWebページの描画速度が向上したほか、最新のWeb技術への対応、“WebGL”やGPUのハードウェアアクセラレーションへの対応など数多くの改良が施された。


 最新のWeb技術への対応では、HTML5を使ってWebページ上でのドラッグ&ドロップを実現する“drag-and-dropAPIや、CSS3による図形の変形とアニメーション、広告の行動ターゲティングによる個人情報の収集を拒否できる“Do Not Track”ヘッダーに対応した。また、Webブラウザー上でリアルタイムで音声・ビデオチャットを行うための規格“WebRTC”に対応したほか、書籍のページ組みのような表示を実現する“Paged Overflow”にも対応している。


 Webブラウザー上で3Dグラフィックスを描画するための規格“WebGL”と、GPUのハードウェアアクセラレーション機能は実験的な対応のため、標準では無効になっている。WebGLを有効化するにはアドレスバーへ“opera:config#Enable%20WebGL”、ハードウェアアクセラレーションを有効化するにはアドレスバーへ“opera:config#Enable%20Hardware%20Acceleration”と入力し、表示された画面の数値入力欄に“1”を入力すればよい。


 さらに、プラグインを別プロセスとして動作させるように仕様が変更され、安定性とセキュリティが向上したほか、64bit版OSにネイティブ対応した。ただし、標準でダウンロードできるインストーラーでは32bit版がインストールされる仕様。64bit版をダウンロードするにはダウンロードページの“その他のオプション”を展開し、現れた“アーキテクチャ”プルダウンリストから“64ビット”を選択してからインストーラーをダウンロードする必要がある。


 加えて、これまで“スキン”と呼ばれていたユーザーインターフェイスのデザイン変更の仕組みが、より簡易な“テーマ”という仕組みに変更された。そのほか、同社の基準で深刻度が5段階中3番目に高い“Moderate”と評価された脆弱性が3件、4番目に高い“Low”と評価された脆弱性が2件修正されている。


 なお、本バージョンから新規インストール時には“Opera Unite”機能と“Opera Widgets”機能が非搭載となった。また、サードパーティーによる音声認識エンジンがサポートされなくなったため、音声による操作機能なども削除されているという。


 本ソフトは、64bit版を含むWindows 2000以降に対応するフリーソフトで、現在同社のWebサイトからダウンロードできる。


窓の杜,長谷川 正太郎】