その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

アトピーで汗が悪影響を及ぼすのはカビが原因

意外な原因でしたね。
汗をかくなと言っても無理があるのですが、それでもなるべくかかない方が良いので、外にいるよりもエアコンの効いた室内にいなさいと言われています。
そういうこともあり、贅沢かもしれませんがエアコンを買いました。


この研究結果から汗をかいても痒くならないような仕組みが出来たらいいですね。
汗自体は体温管理に必要ですので、汗をかかない訳にはいきません。
そうなると消去法で汗をかいても痒くならない方法が出来るのが理想になります。
今後の研究に期待したいところです。



キュレル 潤浸保湿フェイスクリーム 40g

キュレル 潤浸保湿フェイスクリーム 40g

アトピー>皮膚の炎症、カビが原因 広島大


毎日新聞 6月6日(木)22時54分配信


 アトピー性皮膚炎の患者が汗をかくと炎症を引き起こすことについて、広島大大学院の秀道広(ひでみちひろ)教授(皮膚科学)らの研究グループは6日、人間の皮膚に存在するカビが作り出すたんぱく質が原因であると発表した。このカビは「マラセチアグロボーザ」で、作り出されたたんぱく質が汗に溶け込んで体内に入ることでアレルギー反応を起こすとしている。


 研究グループは、原因物質が解明されたことで、より効果的な治療法やスキンケア方法の開発が期待できると説明。研究グループの論文は先月31日(日本時間今月1日)、米医学専門誌のオンライン版に掲載された。


 汗がアレルギーを引き起こすことは分かっていたが、具体的にどの物質が原因かは分かっていなかった。研究グループが人間の汗に含まれる物質を分析したところ、かゆみを起こす物質「ヒスタミン」が放出される際、カビの一種の「マラセチアグロボーザ」が作り出すたんぱく質が炎症に関わっていたことが分かった。このカビは、健康な人間の皮膚にも存在し、作り出されたたんぱく質は、ごく微量でもアレルギー反応を引き起こすという。


 秀教授は「今後、たんぱく質だけを取り除く製品などを開発することで、患者のアトピー性皮膚炎を和らげることが期待できる」と話している。【吉村周平】