その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

WiMAX、13.3Mbpsエリア更新

相変わらず悪評がすごいなぁ〜(笑)とちょくちょくYahoo!のリアルタイム検索で「WiMAX」と検索するのですが、公式TwitterWiMAXの13.3Mbpsエリアを更新と呟いてたので、チェックしてみました。
因みに、公式Twitterの方も悪評で面白いですよ。特に今日は七夕なので、ユーザーの切実な願い事がコメントされてます(笑)
Twitterは削除出来ない仕様なのか完全無視といった対応ですが、公式Facebookの方は都合の悪いコメントを随時削除しているようです。

田舎から220Mbps/13.3Mbpsに


PDFを見てみると、理論値で最大13.3Mbpsになるエリアは、想像していた傾向と違って田舎から対応していくようですね。
自分の住んでる地域や実家の県など土地勘のあるところを見るとそんな感じですし、土地勘ないので偏見かもしれませんが、面積が広いとは言え69ページ中12ページが北海道になっています。また都内は1箇所もありません。
UQとしては220Mbpsを推して売り出したいので、都会から対応していくのかなと思ってたけど、逆にWiMAXユーザーに配慮して都会は最後に対応する方針でしょうか。
8月上旬の時点でこれなら、もしかしたら契約月まで速度低下なく過ごせそうです。
10月辺りに速度低下してしまったとしても、まぁ399円ですししょうがないかと思えます。
個人的に、当初5〜6月には13.3Mbpsにされてしまうと覚悟してたので、思ったより快適にWiMAX生活を終了出来そう。

WiMAXサービスへの希望・願い


現実的に自分の願望は叶う訳ないと分かってますが、今日は七夕ですしWiMAXサービスへの願望を書いてみます。
もう既に13.3Mbps化は始まっているので、これは致し方ないです。
ですがまだ停波はしていないので、今回の訴訟騒動を期に停波が中止になって13.3MbpsのWiMAXサービスは維持、そして40Mbpsの3分の1の速度ということで、料金を3,880円の3分の1にして1,300円で提供なら理想ですね。賛同する方も多いのではと思います。
従来の速度は出ないとしても、そこそこの速度で1,300円でずっと利用出来るならそれなりに魅力的です。
でも現実的に、再び民主党が与党になるくらいあり得ない展開だと思います(笑)


因みに13.3MbpsになるエリアのPDFはこちら
http://www.uqwimax.jp/signup/area/pdf/220Mbps_CA.pdf