その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

iPad mini 4購入

iPad mini 2は何度かちらっと書いたようにジャンク品になってしまったので、こうなったら売却せず使い潰そうと思ってました。
そうは思ってたものの、イライラが続き我慢できなくなりました(笑)
やっぱり日常的に利用する物で不具合が発生すると、辛いですね。
また、回線が光になって11ac環境になったので、iPad miniも対応させたいなと思ったのです。
買って暫く使ってみた感じをレビューしてみたいと思います。


iPad mini 4 16GB Silver


色はシルバーです。
本当はゴールドが良かったけど、まぁ色々ありシルバーとなりました。

ハードの変更


登場してCPU等が変わったのは知ってましたが、iPad mini 4はもともと買う予定はなかったので、詳しいところまでは把握してませんでした。
まず、なぬ?と思ったのは、ケースやフィルムが一致しないことです。
単に各部分がグレードアップしただけだと思ってたのですが、若干本体が縦に長くなり、マイクの位置が変わってそれに伴いカメラの位置がズレて、またミュートスイッチが排除されそれに伴いボリュームボタンの位置がズレました。
近々iPad mini 4用のケース&フィルムを導入予定ですが、今は無理矢理iPad mini 2のを使ってます(笑)
また、薄型化に伴いスピーカーの穴も2列から1列になりました。
これが関係しているのか、iPad mini 2と比較するとiPad mini 4は若干ハイ落ちしているようです。
まぁ比較しなければそんなに気にならないと思うし、そもそもiPad miniのスピーカーは音楽を楽しむものではないので、全然問題ないと思います。

使用感


実際に使ってみた感じ、一番感動したのはディスプレイが鮮やかになってることですね。
iPad mini 2は登場時色域が狭いと騒がれてましたが、iPad mini 4はiPhone等と同じくらいになりました。
A8やメモリ2GBによる体感は、自分はあまりヘビーには使ってないので、大きな変化は感じませんでした。
iPad miniでも音楽制作をしたりする場合は大きな恩恵があると思います。
11ac化は、光にした影響の方が大きいと思うのですが、アプリのアップデートなんかはめちゃくちゃ早くなりましたね。
因みに、モバイル機器だからか今のところiOS製品はアンテナ2本のみで、866Mbpsが理論値の最大です。
うちの光の実測の最大が700Mbpsですので、866Mbpsでも全く問題ありません。
バッテリー容量は減ったようですが、体感では寧ろ上がってるように感じるくらいです。
Apple公式の利用出来る時間としては10時間と変わらないので、つまり2年使ったバッテリーのへたり分がそう感じさせるのでしょう。


良い事ばかりのiPad mini 4ですが、唯一気になってるのは、何故か分割キーボードが小さくなってしまったところです。
Appleはどんな意図があって小さくしたのか分かりませんが、使いづらいですね。
普段はATOKなので良いのですが、パスワードを入力する場合は強制的に純正キーボードになるので、その時に思います。
iOS 9.1以降のiPad mini 4の場合、小さくなるようです。

ベンチマーク


iPad 3からiPad mini 2にした時よりは変化の幅が少ないですが、順当にアップグレードしているようです。


iPad mini 2 (iPad mini Retina)
iPad mini RetinaのGeekbench 2


iPad mini 4
iPad mini 4のGeekbench 2

iPad mini 4は買いか?


これから初めてiPad miniを買う場合は、買いだと思います。
iPad mini 2からの買い替えは、ヘビーに使ってるのでなければiPad mini 2のままでも良いように思います。
自分はAppleタイマー発動で保証が切れた直後に不具合が発生してしまったけど、iPad mini 2自体は良い製品だと思います。
ヘビーに使ってるのであれば、CPUがA8になりメモリも2GBになったiPad mini 4は買いだと思います。



iPad mini 4 WiFi モデル MK6L2J/A  ( 16GB ゴールド )

iPad mini 4 WiFi モデル MK6L2J/A ( 16GB ゴールド )