その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

iPad miniで起こるYouTubeの表示崩れ対策

少し前からiPad miniYouTube(PC版)を見ると表示が崩れるようになりました。具体的は以下の画像のような感じで、動画内のパーツが動画外にはみ出してしまうような感じです。これはSafariChromeで確認しました。ブラウザの完全終了や本体再起動でも直らず。



これで個人的に困るのはシークバーで先送りが出来ないことと、シアターモードのボタンが押せないことです。


因みにタブレット版を使っていない理由は、以前にも書いたかもしれませんが個人的にスマホタブレットに最適化された表示が好きでないからです。PC版の方が一度に色んな情報が表示されるので、こちらの方が好きです。
YouTubeに関して言えば、タブレット版ではチャットや再生回数・評価が表示されません。トップ画面はPC版なら1列につき4つずつ動画が表示されるのが、タブレット版では1列につき1つです。そして何より、デフォで360pになっているので毎回720pに切り替えなければいけないのが苦痛でした。
ということで、PC版にしてシアターモードで横一杯にして表示するのが個人的にベストでした。


致し方ないので直るまでタブレット版で我慢しようかなと妥協しようとしたところ、タブレット版はタブレット版で謎の不具合が…。。



どんどん読み込んでいくのは良いものの、空白が読み込まれ何も表示されないという…。自分はトップから表示された動画へアクセスしているので、これでは何も出来ません。因みにこちらはChromeでは問題ありませんでした。

解決法


同じPC版でもユーザーエージェントを偽装すると問題ないようです。つまりメニューにある「デスクトップ用サイトを表示」を押します。


「デスクトップ用サイトを表示」は個人的に一押し足りなくて、ユーザーエージェントをmacOSに固定したいのですがタブを閉じると戻ってしまいます。
ですが翌々考えればタブを閉じなければ良いなと単純なことに気付きました。PCのブラウザでもそうですが、自分はこまめに閉じたり開いたりするんですね。なので癖ですぐ閉じてしまいたくなるけど、気を付けよう。タブを閉じないことでスピードダイアル的な「よく閲覧するサイト」が表示出来ないけど、検索窓の方でも表示が出来ます。


上記によりユーザーエージェントをmacOSに固定することで、Google検索でもメリットがあります。もう結構経ちますが、タブレット版には「他の人はこちらも検索」といったお節介機能が付きました。これが苦痛で苦痛でしょうがなくて、iPad miniだけ検索エンジンYahoo!
に変えてみたり試行錯誤してました。ですが、幸いPC版には今のところこの機能はありませんので、この悩みも解決です。

広告を非表示にする